ブログトップ
キルトな日々  maruron diary
lovequilts.exblog.jp
ハウスのキルト
ハウスのパターンが大好きです。
これは本科の課題で作ったハウス。
e0212203_13161958.jpg



昨日のキルト教室で、
「来年作品展を開きましょう~」と、先生。

そのための作品作りが始まるわけですが・・・
先生からの課題は、
 ①1つのパターンを展開して一枚のタペストリーを作る。(ひとり、1枚)
  大きさは約200 × 180センチ

 ②ミシン、糸巻きなどソーイングのパターンを使い、タペストリーを作る。(メンバー全員で1枚のタペストリー)


①の課題ですが、様々なパターンから1枚、好きなものを選びます。
e0212203_13244432.jpg


誕生日のパターンでもいいのですが・・・
私のは、これ。
e0212203_13253428.jpg



どうせなら大好きなパターンで記念の1枚を作りたいので、今回は「ハウス」を使うことにします!
「ハウス」といってもいろいろあるようですね。
e0212203_1327518.jpg



これらもいいのですが・・・
キルトジャパンの2004年11月号に載っているこの作品、
e0212203_13281544.jpg

素敵なハウスのタペだと思いませんか?
以前から気になってました。
なんと~
小関先生が指導されている方の作品なんですね。


今回この「ハウス」を参考にさせてもらおうと思います。
このタペ1枚に30ものハウスがあるんですが(全部柄も形も違う!)
私のタペにはこの「ハウス」を使わせていただくことに・・・。
e0212203_13322463.jpg



200×180センチのタペにこのハウスを入れて製図をしてみました。
1つのパターンの大きさは、24×24センチ。
e0212203_13342585.jpg


う~ん、これだと42個のハウスを使うことになる・・・。
しかもこれだとあまりにも「ハウス、ハウス」になっちゃう。
一番外のハウスをぐるっと一周分減らした方がいいのかも・・・。
・・・次の教室の日に先生に相談しましょう。(ボーダーの幅とか、パターンの大きさとかっ)


先ほどのキルトジャパンのハウスのタペですが
この号の表紙にもなってます。
e0212203_13383370.jpg

とっても素敵!
[PR]
by maruro-n | 2011-01-14 13:46 | quilts
<< つぶやきはじめました~ ちょっと「ご紹介」 >>